美容師が必ず必要なヘアアレンジ提案

こんにちは! TWiGGYの水野です。

 

 

僕達美容師は成人式も終わりやっとひと段落♪

 

 

人生の節目に携われるのは美容師の醍醐味ですね。

 

 

そんな大切な行事だからこそ、

 

 

『ヘアアレンジは満足してもらえたかな?』

 

 

いつも撮らせてもらった写真を見ながら、自分の仕事を振り返ってます。

 

 

今回はそんなヘアアレンジについて。

 

 

 

◇ヘアアレンジのカウンセリングとは

 

セミナー時の実習前に必ずお伝えするのですが、

 

 

ヘアアレンジはカウンセリングがとても大切だと言うこと。

 

 

カットはしっかりカウンセリング出来て、お客様に似合うスタイルを提案できる美容師さんは多いですが、

 

 

ヘアアレンジのカウンセリングは、

 

 

『アップにしますか?ハーフアップにしますか?』

 

 

と言った感じで、お客様にデザインを委ねているケースが多い気がします。

 

 

◇まず最初にお客様に聞くことは?

 

僕が最初に聞くのはデザインではなく、【TPO】です。

 

 

セミナーでお伝えするカウンセリング↓

 

 

 

まずお客様を洞察して、プロの目線から色々と頭をフル回転して考えます。

 

 

イメージ(女性像)は、雰囲気は、年齢は、骨格は、など

 

 

そしてまずTPOを聞きます。

 

 

上司の結婚式、友人の結婚式、二次会など、シーンによってヘアアレンジのデザインが全く変わってくるから。

 

 

 

 

お客様がどう見られたいかを聞くことが大切で、

 

 

カジュアルテイストな方でもお世話になった上司の結婚式なら、フォーマルなアップアレンジがベストです。

 

 

友人の結婚式なら選択範囲が一気に広がります。

 

 

洞察して感じたことをお伝えしながら、イメージに合わせてデザインを提案したり、

 

 

普段カジュアルテイストな方でもドレスに合わせて、結婚式のお呼ばれの時にしか出来ないフォーマルなアップアレンジにしてもいいでしょう。

 

 

◇おくれ毛でプラスαを

 

骨格補正やイメージにより近づけたりするのに役立つのが、【おくれ毛】

 

 

 

 

フォーマルには見せたいけど、ラフ感も欲しい!

 

 

細く見せたい!華やかさが欲しい!

 

 

そんな時におくれ毛は大活躍します。

 

 

最後はおくれ毛を加えたデザインで仕上げます。

 

 

◇ケーススタディー

 

お客様のヘアアレンジ。

 

 

 

引きで写真を撮ると、トータルバランスが分かりやすいです。

 

 

振り返る反省材料として1枚引きの写真を撮るようにしています。

 

 

 

【お客様データ】

 

・先輩の結婚式
・大人っぽく見せたいがラフ感も欲しい。
・いつものテイストはカジュアル可愛い(26歳)

 

 

①サイドの毛束を引き出して、ラフ感をプラス。
②大人っぽくネープはほぐし過ぎずにシャープなラインに。
③顔まわりともみあげ(少し)をおくれ毛にして、トレンドを入れつつ年相応のラフ感を。
④『首元が詰まっている衣装、ネックレス、先輩の結婚式』の3つの要素からアップアレンジをチョイス。

 

 

このような感じでカウンセリング〜仕上げまでを行っています。

 

 

◇ヘアアレンジの可能性

 

まだまだ自分の似合うイメージ、スタイルは何なのか?

 

美容師からの提案を待っているお客様は沢山いると思います。

 

ヘアアレンジを通じて、いつもの髪型では気づかない魅力や女性像をお伝えして、

 

美意識を上げてあげることが、僕達美容師の仕事と思っています。

 

 

 

TWiGGY inc 取締役 水野年朗

オンラインサロン ターニングポイント主宰

愛媛県松山市千舟町4−3−1 2F

TEL:089-932-6295

上の写真にクリックすると詳細が見れます↑

 

 

mizunotoshirou_blog 登録者

水野 年朗 Toshirou Mizuno 【TWiGGY/取締役統括ディレクター】 【オンラインサロン『turning point』オーナー】

コメントを残す